ビタミンA

サジーに多く含まれているビタミンAは、油に溶ける脂溶性ビタミンと呼ばれるもの一種です。

 

ビタミンAには

●目の健康を守る

●皮膚を正常に保つ

働きがあります。

 

ただし、多く摂りすぎると肝臓に溜まってしまい、体の調子が悪くなる原因にもなります。
ビタミンAの吸収率は70~90%と他の栄養素に比べて非常に吸収しやすく、どんな方法でも摂取しやすいのが特徴です。

049

ビタミンAは脂溶性なので、食材を水洗いしてもビタミンAが失われる心配はないですけれど、熱には少し弱くて乾燥や高温で壊れやすい性質を持っています。

 

ビタミンAが足りなくなるとどうなる?

本来ならビタミンAは肝臓で十分に貯蔵されているため不足する危険はほとんどありません。しかし、お酒のようなアルコールを飲み過ぎると、ため込まれているビタミンAがなくなって行きます。

ビタミンA不足の代表的な症状は、目が見えにくくなることです。

目の角膜や粘膜がダメージを受けたり、光を過剰にまぶしく感じるなどの目の不調が発生します。そして皮膚や爪、粘膜も乾燥して菌に弱くなるため、免疫力が下がってウイルスや細菌に感染しやすくなります。

0-09

 

ビタミンAを取りすぎた場合はどうなる?

とりすぎたビタミンAは肝臓にたまっていき、頭痛、吐き気、発疹、脱毛、筋肉痛、疲労感等の症状になってしまいます。

また皮膚や消化管などの上皮の機能を守りウィルスなどの侵入を防ぎますまた体の成長を促し、細胞の増殖と分化をコントロールしたり免疫力を高める働きをします。